iAnywhere
HOMEイベント/セミナーダウンロードデベロッパーお問い合せへ
製品情報 ソリューション 製品の導入 サポート iAnywhereについて

ホーム製品情報>SQL Anywhere(パッケージ)

PRODUCTS

SQL Anywhere

 
SQL Anywhere 16 日本語版リリース

SQL Anywhere 16 についてはこちらをご欄ください。


SQL Anywhereとは、いくつかのコンポーネントを同梱したパッケージの名前であり、メインとなるRDBMSエンジンの名前でもあります。
SQL Anywhereのパッケージの中にはRDBMSの他、データベース同期のためのミドルウェアも含まれます。


version 11では、お客様の環境に合わせてご利用いただけるようエディションが分かれました。エディションの詳細はこちらをご覧ください。
バージョン12概要
●バージョン12の新機能および強化点
●バージョン12へのアップグレードをお勧めする理由
●バージョン12の自己管理と自己ヒーリング、MERGE文とマテリアライズドビュー
●バージョン12のマテリアライズドビューの向上について
●ユビキタスなRDBとしてのSQL Anywhere
 
 
SQL Anywhereは、インストールが簡単で、インストールしてすぐ使用できる非常に使いやすいRDBMSです。
スタンドアロンでも中大規模クラサバ環境でもマルチアクセス環境でも、低コストでご利用いただけます。
高機能でありながらたいへん軽く、低スペックのPCでも動作するため、システム全体のマシンコストを大幅に削減することが可能です。→TPCベンチマーク

MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)

 
SQL Anywhereの利用シーン
 

SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMSエンジン SQL Anywhereは、標準的なRDBMSでありながら、その軽量性、使いやすさ、管理のしやすさ、パッケージに含まれるデータベース間同期技術などなど他社に類を見ない優れた製品特長により、 非常に幅広い分野で利用されています。

金融・銀行・保険 バンキングシステム、無人店舗、保険代理店システム、事故調査システム、EC、SFA
小売店 POSシステム、ストコン、自動販売機、在庫管理、ワイヤレスハンディー注文
通信 PBXシステム、コールセンター
医療/ヘルスケア レセコン、電子処方箋、自動調剤機、在宅ヘルスケア、看護支援システム、検査機器、救急医療システム、SFA
公共事業 交通システム、現場管理システム、刑務所管理システム、
建設 土木積算システム、現場管理システム
運輸/輸送 倉庫管理システム、配送員システム、ルート管理システム
製造 FAシステム、生産管理
サービス ホテル予約システム
食品 給食センターシステム、POSシステム
ソフトウェアのOEM 会計、販売管理、セキュリティソフト、開発ツールなどのパッケージソフト
 
その他 モデルケース & 事例へ
中大規模システムのデーターベースサーバーとして

SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMS エンジンSQL Anywhereは、軽量なためモバイルのデータベースとして名が知られていますが、パフォーマンスも高く、64bitマシン、UNIXまで対応しており、非常に低コストで実現できる信頼性の高い中大規模システムのデータベースサーバーとしても利用されています。

それほど高価なサーバーマシンでなくとも何千もの同時ユーザー、テラバイト規模のデータに対応し、パフォーマンスを発揮するため、マシンコストを抑えることができます。

また自己管理機能に優れるため専用のデータベース管理者も必要なく、管理コストも抑えることができ、システム全体のコストを抑えることが可能です。

また、version 10 以降高可用性の機能など大規模向けの機能がさらに強化され続けています。

version 11より、お客様の環境に合わせてご利用いただけるようエディションが分かれました。

MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)
 
 
アプリケーションやハードウェアへの組込み(埋め込み)データベースとして
 
組込みデータベース利用のイメージ   SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMSエンジンSQL Anywhereは、 自己管理機能に優れ、 専任のデータベース管理者がおけない環境、POSレジ/ストアコントローラ/ピッキングシステム・ハンディーターミナル/自動販売機などのハードウェアに組み込んで利用されています。

突然の電源断などにも対応しています。

例えば、POSレジから入力される膨大な商品の販売データをSQL Anywhereが管理、 将来の販売計画や在庫管理にも役立てることができます。

ガソリンスタンドのPOSや、全国の郵便局の窓口端末、局内サーバ、配達員の端末上でも問題なく日々稼動しています。
(→IT Pro関連記事へ)
MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)
MORE: about Ultra light (超小型DBエンジン)
SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMSエンジンSQL Anywhereは、アプリケーションに組み込み(埋め込み)やすく、インストールが簡単で専任管理者を必要としないため、ソフトウェア・パッケージ製品に組み込む(同梱する)データベースとして多く利用されています。

例えば、業務会計ソフトウェアのパッケージ製品とともに自動的にユーザーのPCにSQL Anywhereをインストール、 そのアプリケーションが扱う各種データを容易に管理することができます。

SQL AnywhereのDBが稼動していることをユーザに意識させることなくアプリケーションを利用いただけます。

例えば
・ミロク情報サービス
・株式会社シグマソリューションズ
・NDソフトウェア株式会社
・株式会社ビーイング
・シマンテック(旧ベリタス)
 
MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)
 
モバイルなどリモートの分散&統合データベースとして
 
フロント・データベース利用のイメージ 業界No.1の市場シェア
 
SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMSエンジンSQL Anywhereや、パッケージに含まれるもう一つの小型RDBMS Ultra Lightは、スマートフォンやノートPCなどのモバイル・デバイス、組込み機器用のデータベース・エンジンとして利用することができます。

例えば、CRMシステムのクライアント側でこれらを使用すると、営業員は、基幹データベースにある顧客情報や購買履歴を、 手元のSQL Anywhereで管理、いつでもどこからでも即座にアクセスすることができるため、 迅速な顧客対応が可能になります。

例えば
・化粧品販売支援


ワールドワイドに展開する保険会社の代理店システムとして数万台規模で導入されている他、全国の郵便局の配送員が持つ携帯端末による物流・顧客管理にも採用され問題なく日々稼動しています。
(→IT Pro関連記事へ)
 
WEDGE掲載 事例記事へ

ハンディーターミナル上のSQL Anywhereデータベースと基幹のOracleデータベースをMobile Linkのデータベース同期ミドルウェアで連携しています。ネットワークに繋がらない環境でのオフラインデータアクセスの実現と、データベースや通信の暗号化機能などのセキュリティ機能が評価されました。


MORE: about Mobile Link (DB同期)
その他 モデルケース & 事例へ
WEDGE掲載 事例記事へ
スマートフォン上のSQL Anywhereのデータベースと本部のOracleデータベースとをMobile Linkのデータベース同期ミドルウェアで連携しています。ネットワークに繋がらない環境でのオフラインデータアクセスや、セキリュティの他、データベース同期のミドルウェアを独自開発する場合の開発期間やコストとの比較結果が評価されました。
→NTTドコモ東海様制作ビデオへ
MORE: about Mobile Link (DB同期) 
 
<日本テクノ・ラボ様 「Security Print System」事例>
 WEDGE掲載 事例記事へ
SQL Anywhereのパッケージに含まれるMobile Linkのデータベース同期ミドルウェアでオフィス間の分散したデータを連携します。
フリーのデータベースから、価格が安く、サポートの信頼できるSQL Anywhereへリプレースされました。分散アーキテクチャによる拡張性も評価されました。
 
MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)
      
      MORE:  about Ultra light (超小型DBエンジン)
      
      MORE: about Mobile Link (DB同期)
 
 
 
 
 
SQL Anywhere の特長
 
 
"Always Available"なソリューションで企業システムにいつでもどこからでもアクセス (分散アーキテクチャ)
SQL Anywhere を使ったモバイルシステムと部門システム/企業システムの統合イメージ

SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインとなるRDBMSエンジン SQL Anywhereは、使いやすい一般的なRDBMSでありながら、非常にユニークな特長を持っています。

SQL Anywhereは、基幹サーバーで稼動させる以外にも、支店サーバや部門サーバ、さらには個人のデスクトップPCやノートPC、スマートフォン、組込み機器などでもデータベースを稼動させることができます。

また、SQL Anywhereのパッケージに同梱されているMobile Linkのデータベース間同期ミドルウェアを使用することで、それぞれのデータベース間のスムーズな同期が可能です。

基幹データベースへのアクセス、ローカル機器上のデータベースへのアクセスをシームレスに行うことが可能なため、ネットワークに繋がらないオフライン環境でも常にデータベースの情報にアクセスすることが可能です。

これを私たちは"Alwas Available"な情報アクセスと呼んでいます。

また、ローカルのデータベースにアクセスできるということは、最速でデータにアクセスできることでもあります。

SQL Anywhere 開発コンセプト
・フル機能の SQLに対応したRDBMS
・使いやすさ
・初期設定のままで発揮される高いパフォーマンス
・組込みの容易さ
・相互運用性/オープンなアーキテクチャ
・クロスプラットフォームサポート
・顧客の要望に柔軟に対応
省リソースDBMS がもたらすエンタープライズ・パワー
システム規模に応じた多彩なデバイス

SQL Anywhereのパッケージに含まれるメインのRDBMS SQL Anywhereは、 WindowsからUNIXまで、幅広いOSに対応しています。

また、軽量でありながら高速・高機能であり、自己管理機能に優れるため、サーバーに限らず、専任のデータベース管理者のいない、デスクトップPC、ノートPC、スマートフォン、その他機器まで広い範囲で使用することができ、 シングルユーザーとマルチユーザー双方に柔軟に対応することができます。

さらに、SQL Anywhereのパッケージに含まれるもう一方の超小型データベース Ultra Light は、 スマート・フォンや組込み機器など、 小型デバイスでの使用に最適です。 Ultra Lightは、データ管理が重要なアプリケーションのメモリおよびシステム要件を最小限にするように設計されています。

このように、SQL Anywhereのパッケージで提供するデータベースは、 サーバーから組込み機器までさまざまなデバイス上で動作することができ、 企業が必要とするシステム規模やデータベースの導入形態に幅広く対応することができます。
SQL Anywhere は、顧客のニーズに適合する多彩なソリューションを提供します。

 
MORE: about SQL Anywhere (DBエンジン)

MORE: about Ultra light (超小型DBエンジン)

MORE: about Mobile Link (DB同期)
先進のデータベース同期ミドルウェアのコンポーネントなどを含むパッケージ製品
SQL Anywhere のパッケージには、低コストで使いやすく超高速なRDBMS だけでなく、Oracleなどの他社製データベースとの同期が可能な同期ミドルウェアや、モバイル向け小型データベースなどいくつかのコンポーネントが含まれています。

< SQL Anywhere の主要コンポーネント >

SQL Anywhere 詳細はこちら
省リソースで稼動する高性能自己管理型RDBMS
(v9まではAdaptive Server Anywehere、v10よりパッケージと同じSQL Anywhereに名称変更)
Mobile Link 詳細はこちら
他社製RDBMSとのシンクロナイゼーション
Ultra Light 詳細はこちら
モバイル向け超小型データベース
その他のコンポーネント 詳細はこちら
データベースの管理や設計を行う多彩なツール
 
SQL Anywheere 11よりエディションが分かれました。エディションの詳細はこちらをご参照ください。
充実のサポート体制と柔軟なライセンス契約

アイエニウェア・ソリューションズでは、 SQL Anywhere をお使いのお客様のビジネスをスムーズに進めるため、 ソリューションの開発/展開支援や最新技術情報の提供など、充実したサポート体制を整えています。
また、SQL Anywhere のご購入に関しては、お客様のニーズに柔軟に応えるため、 販売代理店からの直接購入の他、コンポーネントごとのOEM 契約やSI 契約など、 さまざまな契約を準備しています。

 

 
 
SQL Anywhereの性能

SQL Anywhereが提供する機能および性能は、 実際に製品を導入されたお客様から多くの高い評価をいただいています。
SQL Anywhereは、データベースのカスタマイズやチューニングなど、 ユーザーの手を煩わせることなく、 そのままの状態でも優れたパフォーマンスを発揮できるよう設計されています。 一方で、細かくチューニングがしたい場合にはそれも可能です。

アイエニウェア・ソリューションズでは、 SQL Anywhereがもたらす”Always Available”ソリューションを、 すべてのユーザーにとってより快適なものにするために、 定期的な製品評価、ベンチマークテスト、製品のアップグレードを行っています。

パフォーマンス維持/向上のためのベンチマーク・テスト
version 11では、TPC-Cベンチマークの結果を発表いたしました。
TPC-Cベンチマークの結果については、こちらのプレスリリースをご参照ください。
 
 
 
NEXT: about SQL Anywhere (DBエンジン)
製品情報
SQL Anywhere(パッケージ)

コンポーネント機能









デベロッパー














ソリューション


Copyright 2004-2012 iAnywhere Solutions K.K.